防災を「自分ごと」化するハッカソン!(1/2)

地震や台風などの災害に立ち向かうには行政だけでなく、国民一人ひとりの知識や備えが大切です。
内閣府では2015年末に「防災4.0」未来構想プロジェクトを発足し、
災害リスクに立ち向かう取組みを推進しています。
「防災4.0ハッカソン」は、その一環として企画されたもの。
コワーキングスペース「LODGE」に集結した約50名が防災をハックします!

イベント概要

開催日  2017年1月21日(土)10:00 – 2017年01月22日(日)19:00
開催場所 Yahoo! JAPAN 「LODGE」(東京都千代田区)
主宰   内閣府
協賛
ヤフー株式会社、日本アイ・ビー・エム株式会社、株式会社ゼンリンデータコム、G空間情報センター、いすゞ自動車株式会社、日本気象協会、株式会社NTTドコモ、株式会社ドコモ・インサイトマーケティング、明星電気株式会社

なぜいま「防災4.0」なのか?

1月21日と22日の2日間にわたり開催された内閣府主催の「防災4.0ハッカソン」。
タイトルの「防災4.0」とは、1959 年の伊勢湾台風、1995 年の阪神・淡路大震災、そして2011 年の東日本大震災これらの大災害の度ごとに講じられてきた措置を、それぞれ「防災1.0」「防災2.0」「防災3.0」と捉え、激甚化に備えるためのこれからの取組みを指します。

イベント冒頭には内閣府の松本洋平副大臣が登壇し、参加者に向けて「自分ごととして防災を考えてほしい」と熱いエールを送りました。今回のお題は「もし自分の周りで災害が発生した時に必要なサービスやアプリ」。防災を「自分ごと」として捉え、有事の際に自分が本当に必要なものを創り出すことが求められています。


松本洋平内閣府副大臣

その前段として、減災インフォ発起人の小和田香さんによるインプットセミナーが開催されました。
従来の防災対策は国や自治体が担う「公助」が主流でしたが、今後ますます激甚化する災害に立ち向かうには地域で助け合う「共助」や、一人ひとりが災害に対して備える「自助」が欠かせません。
小和田さんは「スマートフォンが普及したことで、国や自治体の情報を待つのではなく、自ら情報を取りに行く人が増えました。ただし、年代別に格差もあります」と指摘。
また、発災から時間経過ごとに変化する被災者ニーズや、現状存在する防災アプリなどについても情報が提供されました。


減災インフォ発起人 小和田香さん

本当に必要なモノって何だろう?

発災後の自分と周囲をとことん考える

インプットの次はアイデアを発散させるアイデアソンです。
HackCamp矢吹博和のファシリテートのもと、個人で災害が起きたときの状況に思いめぐらせてアイデアを捻り、続いてグループメンバーで情報共有しながら、サービスやアプリ開発のプランを取りまとめていきます。
今回は1チーム5~6名で、合計9チームがエントリーしています。一部にグループ参加もありますが、初対面のメンバーがほとんど。自己紹介やアイデアのプレゼンテーションを通して、それぞれの職業やハッカソン参加の背景、被災体験などが語られ、徐々にチームとしての結束力が高まっていきます。

この日のアイデアソンの流れ。
まずは自分のことを考え、そのアイデアをチーム内で共有しながらブラッシュアップさせていく

発災時に自分が重視するものや心配するものを記載。
アイデアをどんどん発散させながら、課題を抽出していく

発散したアイデアを整理するために、各自が出した課題を付箋紙に書き写して、
「発災直後」「避難後48時間-72時間」「避難後1週間程度」という3つのフェーズでグルーピングする

専用の用紙を使って、課題解決のためのアイデア出し。
さらにその案をイラストで表現して、さらにアイデアを膨らませ、チーム内でイメージを共有する

協賛先提供の災害救助用クラッカーや保存食のエビピラフなどを食べつつ、ランチタイムもディスカッションは続く

アイデアスケッチを並べて真剣に議論。
「自分ごと」という課題にふさわしいか、本当に必要か、類似アプリはないか、
2日間でどの程度まで仕上げられるのか……話し合うテーマは尽きない

みんなのアイデアをカタチに

いよいよハックタイムの始まり!

多数のアイデアが生まれ、チーム内での議論も煮詰まりつつあるところで、ハッカソンのスタート。
ファシリテータを務める若狭正生から、提供されるデータやAPI、ガジェットに関する説明がありました。
窓際には技術メンターがずらりと並び、ハッカソンを支援します。

日本IBM様からは、Bluemixのハンズオンサポート

2016年11月に運用が開始されたG空間情報センター様から、プローブデータの提供・サポート

明星電気株式会社様からは、本会場限定で「稠密気象データ(POTEKA)」をご提供

ゼンリンデータコム様から、本会場限定で提供される「全国避難所データベース」「いつもナビ」についてご説明

NTTドコモ様、ドコモインサイトマーケティング様から、本会場限定で「モバイル空間統計データ」をご提供

会場をご提供いただいたヤフー様からは、myThingsのハンズオンサポートもいただきました。

「Raspberry Piではじめるおうちハック ~ラズパイとIoTでつくる未来の住まい」の著者・小菅昌克氏も技術メンターとして参戦

今回の審査基準は以下の4つです。

<1>実現性・・・現実的に防災時に利用できるものか
<2>UI/UX・・・緊急時だけでなく平時も利用できる仕組みやデザインか
<3>共感・・・審査員自身が素直に自分ごととして使いたいと思ったか
<4>独創性・・・既存のアプリやアイデアとは差別化されたオリジナリティ
しかしこれらすべてを満たす必要はなく、特定の項目がズバ抜けて評価が高ければ、受賞の可能性があります。

翌日16時のプレゼンテーションまでにアイデアソンで掘り起こした課題解決のアイデアを、いかにして具体的なサービスやアプリに昇華させることができるのか。それぞれの挑戦が始まりました。

 


用意されたガジェット

 


初日18時から中間発表。それぞれのチームが現在作っているモノや、直面している課題などを報告し合う

後編へ続く

防災を「自分ごと」化するハッカソン!(2/2)

お問い合わせ

相談してみたいと思った方、遠慮なくご連絡ください

HackCampに相談してみる