プロフィール

代表ハッカーである関治之の右腕としてHackCampへジョイン。

応用数学・分析を学び、官公庁における経済セクションのキャリアを経てテクノロジー領域・イノベーション創出ビジネス領域に入った、特異な経歴を持つ。

HackCampにおいては、テクノロジー関連プロジェクトの総合企画・戦略形成から、運営・開発のプロジェクトマネジメント、ファシリテーションまでをシームレスに担う。

多様な主体が関わるプロジェクトのタスク可視化と、継続的な戦略運営のための道筋作りを行う上で、テクノロジーの知見を活かし、海外のカッティングエッジなツールや技術を独自にローカライズする等ユニークな手法を用いることを得意としている。

豊富な海外ビジネス経験から、HackCampの海外展開、クライアントの海外進出事業をサポートしており、アジア・アメリカでの事業に続き、2018年からはアフリカ(エチオピア・ケニア・ルワンダ・ウガンダ等)における拠点開発の責任者を担う。

また「オープンイノベーションからゼロイチは可能なのか」という実証のために、Hackathonから誕生したプロダクトの事業化実証を目的に始めたスタートアップ企業「ourshot」の代表取締役を務める。

HackCamp以外の活動では一部上場企業の開発プロジェクトマネージャーや、スタートアップ・第二創業期のベンチャーの業務改善・効率化・システムインテグレーターの経験を持つ。また、2012年にFacebookからスピンアウトしたプロジェクトマネジメントツール「Asana」のコミュニティマネージャーJoshua Zerkel(元Evernoteマネージャーとして有名)からの誘いで、エヴァンジェリストであるAsana Torchbearerとしての活動を2018年7月に開始。同年8月からAsana Certified Proの役職も得て、本格的に日本国内での企業導入のコンサルティングを開始した。いずれの役職も日本人で就任した人物は青木が初。両タイトル兼任は世界で唯一。

「プロジェクトマネージャー・応用数学・公共事業・経営・海外展開・格闘家」など一見関連性の無いパラレルなキャリアを徐々にコネクトさせている。

Asana Torchbearer / Certified Pro。

Makerere大学(Uganda)インキュベーター「CURAD」外部マネージャー。

株式会社CO&COテックアドバイザー。

特技

  • 経済分析(マクロ)
  • 数的処理
  • プロジェクトマネージャー
  • 海外進出拠点開発
  • 英語ファシリテーター
  • 司会(英語)
  • 遠隔拠点間の事業開発
  • 総合格闘技(元選手)

趣味

  • 飛行機(戦闘機パイロットの飛行試験を2年連続最終選考まで行くも、ファイナルの身体検査で失格。それでも飛行機を愛している)

現在進行中のプロジェクト

アフリカに進出したい日本企業とアフリカのビジネスインキュベーターをシステムでネットワークし、遠隔での新規事業開発やパートナー探しをコンサルティングするプロジェクト

アジアの共通課題をテクノロジーとデータで解決し新規事業を生み出すプロジェクト

富山県魚津市からゲーム開発者を育て、町を徐々にゲームの町にしていくクエスト

  • Asana Torchbearer

プロジェクトマネジメントツール「Asana」のエキスパート・コミュニティエヴァンジェリストとしての活動。Asanaをこれから始めるチームや、より効果的な運用を支援する。Torchbearerはエヴァンジェリストとしての役職、Certified Proは導入のためのコンサルティングを行う上での役職。いずれも日本では一人だけ。両方担うのは世界で唯一。

その他クローズドな企業内開発プロジェクトを複数進行中。