行政マンとLINEでサービスを作るGovHack(2/3)

2日目は9:30集合、10時開始って言ってたのに、9:00には参加者の方が集まり、開発を開始していた模様。

2日目の朝はhachidoriさんのインプットが行われました。

1日目に行われたナンパでは、技術力の高そうなエンジニアの方はすぐに囲われてしまうので、チーム内にエンジニアがいないチームもあります。

そこで、プログラミング無しでもbotを作ることができるツール「hachidori」を使って実装していくサポートのために、メンタリングに来ていただきました。

(メンタリング中の濱田さん)

さて、ここからは開発風景です。

親子で出場のお二人。

なんと中学生でPC部。

各チームの机に、LINE社のエバンジェリスト立花さんが頻繁に登場。

初めて参加された方がほとんどでしたが、みなさんやりきった表情。

ここからはプレゼン発表と審査です。

プレゼンの時はみんな聞くに徹するためにシアター形式で行いました。

審査員は3名。

LINE社より、プラットフォームエバンジェリズムチーム マネージャー チーフエバンジェリストの 砂金信一郎さん。そして千葉市役所からお二方。総務局次長兼情報統括副管理者 大西 公一郎 様と、総合政策局総合政策部長 藤代 真史 様です。

(左から大西様、藤代様、砂金様)

発表したのは7チーム。

次ページでは、それぞれのアイデアとサービス概要を紹介します。

行政マンとLINEでサービスを作るGovHack(3/3)

お問い合わせ

相談してみたいと思った方、遠慮なくご連絡ください

HackCampに相談してみる