プロフィール

SatiはABEイニシアティブ(JICAが実施するアフリカの若者のための産業人材育成イニシアティブ「修士課程およびインターンシップ」プログラム)の卒業生であり、アフリカにおける専門家人材のネットワークを構築する活動を行っている。

日本の企業とアフリカのマーケットのギャップを埋めることを目的に結成された、元奨学生で構成されたネットワークである「Kakehashi Africa(架け橋アフリカ)」の創業者の一人であり、東アフリカ地域のコンサルティングを包括的に担う。

HackCampが実施する農林水産省の「グローバルフードバリューチェーン構築推進事業」(AFRICA FVC  Collaboration Hacks)の調査活動中の青木とケニア・ナイロビで知り合ったことがきっかけで、本プロジェクトをはじめとするHackCampのアフリカでの活動のコーディネート全般を担い、日本企業のアフリカ進出サポートの窓口として活動を行う。現在もケニア・ナイロビ在住。

Satiはエンジニアとしても活躍したバックグランドを持っており、ケニアの名門大学の上級技術者として、Google Cloudプロダクティブツールを中心にオフィスコラボレーションを強化する高度な技術ツールのトレーニングとサポートを行った後、卒業後も、ケニアの地元の通信サービス会社の65支店でクラウドベースのPOSソフトウェアの実装を監督する等、高いレベルでの技術サポートの経験を持つ。

Kakehashi Africa


A beneficiary of the ABE Initiative Program, Sati is highly motivated towards building sustainable community development through expert networks.He is founder and Eastern Chapter Coordinator of Kakehashi Africa, a network of African scholars from Japanese universities, that aims to bridge the business gap between Japanese enterprises and African markets.

Currently, he isinvolved with HackCamp in Africa. Through this avenue, Sati coordinates activities in Africa, particularly with regards to the newly launched Africa FVC program of the Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries

Previously a senior technologist with one of Kenya’s leading universities, he trained and supported staff on advanced technological tools for enhanced office collaboration with a focus on Google Cloud productive tools.
Fresh from graduation, Sati also oversaw the implementation of a cloud-based POS software in 65 branches of a local communications service company across Kenya.
Sati looks forward to one day building a model community from a local library to full-fledged University.