視覚会議ファシリテーター派遣サービス 事業推進

こんなお悩みありませんか?

新規プロジェクトが進まない、無駄な会議ばかりして時間の無駄!
新しい取り組みには、必ず「まずやり方がわからない!」といったような悩みが出てきます。

私たちは、プロジェクト化を手伝う中で、共通する5つの壁がある事に気がつきました。
そこで、この5つの壁と乗り越え方をご紹介します。

1つ目の乗り越えるべき壁「進め方がわからない」

初めての取り組みであり進め方がわからない。経験が無いことであるため、本当にこれで良いのか、チェックすることや、確認する術が無い。

2つ目に乗り越えるべき壁「理解が揃ってない」

プロジェクトを進める上で、必要な知識やスキルがメンバー全員揃っていますか?最低限の知識に差があると、目線が揃っていないので議論が噛み合わない
事が起きます。

3つ目に乗り越えるべき壁「方針が決まらない」

このプロジェクトをどのように進めるべきか、方針は明確になっていますか?
また、方針は誰と握っていますか?

4つ目に乗り越えるべき壁「賛同を得られない」

経験が無いため、取り組みを承認する立場にある経営、協力が必要となる関連部署からなかなか賛同られず、アイデアを実行に移す前に止まってしまう。

5つ目に乗り越えるべき壁「リソースの捻出ができない」

新しい取り組みだけをするリソースが確保できない場合、大抵の場合は兼任となります。今までと同じやり方ではリソースの確保や、本人のコミットメントを維持するのは難しいといった課題があります。

そんなお悩みを解決する1つの手段として、視覚会議ファシリテーター派遣サービス!を作成しました。

サービス概要

プロセスをナビゲーションできるファシリテーターを2-3時間単位で派遣します。

ビジョン策定・戦略立案・施策づくり、合意形成など各フェーズに合わせたプロセスを明確化しており時間内で確実にアウトプットを出すことをお約束します。

なぜ外部ファシリテーターが必要なのか?

参加者全員が平等に発言しやすい仕掛けを用意していますが、それでも、「上司やお客様と一緒に会議やワークショップをすると顔色や発言を気にしてしまう、、、」といった懸念を聞くことがあります。そんなケースに対して、外部ファシリテーターが中立的な立場で、結論や議論の方向性には関与することなく、参加者全員が納得のいくアウトプットを出すことができます。

お客様の声

短時間で複雑な課題(ビジョン、コンセプト、戦略等)の合意形成ができることは驚きでした。また、参加者意識や自己肯定感、更に納得感まで得られて非常に満足し、不思議な感じまでしました。

背景知識やバックボーンが弱くても、お客様や社内で未知なテーマに対する方向性を導くことができる手法であると感じた。

ファシリテーター活用の3つのポイント

ナレッジ・インプット

プロジェクトを適切に進める上で最低限必要な専門的な知識やナレッジを効果的、且つ、効率的に共有します。

ビジョンの明確化

関係者の思いや考えを引き出し、プロジェクトのビジョンや、目標を明確にし、方針を定めます。

関係者を巻き込む

プロジェクトを推進する上で、協力が不可欠な関係者を集め、巻き込んで行くための機会を創出します。

価格

1回3時間 1名派遣:¥200,000 〜 (税抜き)
※ファシリテーター1名で対応可能な最大会議人数は10名程度となります。
10名を超える場合は、ファシリテーターが複数名必要となります。

実施イメージ

お問い合わせ

相談してみたいと思った方、遠慮なくご連絡ください

HackCampに相談してみる