リモートイベント開催サポート ハッカソン・イベント人材育成

そのイベントや研修、本当にリアルの場に集まらないと開催不可能ですか?

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、各社リモートワークの導入が進んでいます。
遠隔での会議システムや各種クラウドサービスなどを活用し、リモートワークを可能としている企業も増えてきました。

しかし、リモートで開催されるイベントや、フルリモートで行われる研修に参加したことのある方はまだまだ少ないのではないでしょうか。

イベント・研修は集まって行うもの、そう思っていませんか?

イベント・研修をリモートにするとこんなことが可能に

リモートイベントのイメージ

セミナー形式のものはWebinerで配信

リモートイベントのクオリティを高めるために最も大切なことは、安定した映像配信、そしてそれ以上に安定した音声の配信です。専門の配信スタッフが環境を整えます。
※ ウェビナーは “ウェブ(Web)” と “セミナー(Seminar)” を合わせた言葉で、その名のとおり動画を使ったセミナーをインターネット上で実施することです。

sli.do等で講師と参加者のインタラクティブな対話を実現

場の熱量を保つのが難しいリモートイベントでも、様々なツールを使い、参加者が積極的に参加できる環境を作ることができます。

多彩なクラウドツールを活用し、ワークショップ形式のイベントもフルリモートで実現

ある程度一方的な配信でも実現できるセミナー形式のイベントとは異なり、ワークショップ型イベントは高度な運営スキルが問われます。様々なツールを活用し、参加型のワークショップもノンストレスで実現します。

経験豊富なオンラインファシリテーターとスタッフにより、リモート参加に不慣れな参加者もサポート

リモートでのファシリテーションは、対面でのファシリテーションとは異なったスキルが必要です。また、参加者も不慣れな場合が多いため、リアルのイベントと同じようにスタッフがオンライン上に常駐し、適切にサポートします。

提供可能サービス

  • オンラインファシリテーター提供
  • グラレコでの状況可視化、共有
  • Zoomブレイクアウトセッション等を使用した高度なオンラインワークショップ実施
  • sli.doやSlack等を活用したオンライン参加者の巻き込み、サポート
  • イベント運営マニュアル作成支援
  • 国際イベント運営支援
  • 実施事例

    HackCampでは、単なるセミナー配信にとどまらない、さまざまなイベント・ワークショップのオンライン実施を運営してきました。

    こちらからすぐにご相談日程を予約することができます。

    [ご相談を予約する(無料)]
    下記リンクから、ご相談日時を選択して必要事項を記入し、送信してください。
    追って担当からご相談の手順についてご案内させていただきます。
    基本的には、zoomなどのWebミーティングにてご相談を承っております。
    まずはお困りごとについて、お気軽にご相談ください。
    ▶︎ https://calendly.com/kikui/30min-1?month=2020-02

    こんなお悩みをお持ちの担当者様、ご相談ください
    • 感染症リスクが高いので、大人数が集まる場を企画することが憚られるが、イベントや研修の企画を無駄にしたくない
    • リモートワークの感覚を掴むために、まずは単発のイベントや研修で試してみたい
    • 参加者募集にいつも苦労している。全国にターゲットを広げて募集の母数を増やしたい。

    実施イメージ

    お問い合わせ

    相談してみたいと思った方、遠慮なくご連絡ください

    HackCampに相談してみる