HackCamp

contact
  1. ホーム
  2. イベント
  3. 体験会
  4. 【共感・納得感から主体性を育む“仕掛け“が体験できる】共創型会議(オンライン)体験会
【共感・納得感から主体性を育む“仕掛け“が体験できる】共創型会議(オンライン)体験会
受付中
DATE
2023/04/01(Sat) - 2024/03/31(Sun)

<只今、1社体験会のみ受付中>
現在は、1社(3名〜6名程度)での体験会を受付中です。興味がある方は、申し込みフォーム「体験会のご参加希望日」に「1社での体験を希望」を選択の上、お問合せください。
実施をするかどうかの相談をするところからのスタートでも可能ですので、お気軽にご検討ください。

=========

不確実性の高いVUCAの時代に成果を出せるようになるためには、柔軟に自律的に動ける組織づくりが重要です。

一朝一夕にはいかない組織づくりですが、正解のない”やっかいな問題”に対して、数字やロジックを追いかけるだけではなく、「納得感」「共感」から動き出すことができる「仕掛け」を取り入れることで、誰でも、どんな組織でも、共創的な自己変革が可能となります。

本体験会では、その仕掛けの最もコアな部分をワークショップの形で実際にご体験いただきます。

活用や導入に興味があるご担当者はぜひご自身で体感してください。

▶︎ 関連コンテンツ

バックキャスティングとは
https://shikaku-kaigi.jp/pickup/backcasting/

自律的組織をつくるための人材育成 ~自ら考え行動する人材になるための「探究力」~
https://jinjibu.jp/hr-conference/report/r202111/report.php?sid=2411

ABOUT

  • 「ありたい姿」への共感が、自ら行動したくなる解決策になる

    組織変革や業務改革、DX等、組織全体を変えていく必要がある時に、「ありたい姿(Why)」が不明確のままで、解決策(How)を探そうとして迷走してしまうパターンが非常に多くみられます。
    変革を行う際、Howを検討する前に、Whyを現場巻き込みで明確化することが重要です。
    この共創型会議を実施することで、現場メンバーは下記のようなマインドに変化していきます。

    ・疑問点が解消されている。
    ・自業務に関連づけて考えられている。
    ・ありたい姿を自分たちで描き、腹落ちしている。
    ・これらをチームメンバーと共有、共感できている。

  • 体験会の内容(現場を巻き込む共創の3ステップ)

    この共創型会議では、現場を巻き込んで業務変革を行う共創を、下記の3ステップを通じて行います。

    ① テーマの探究と自分ごと化
    ② ありたい姿の合意形成(共感)
    ③ 戦略・解決策の立案

    このうち、本体験会では、①と②を体験していただくことができます。

OUTLINE

日時

2023/04/01(Sat) - 2024/03/31(Sun)

参加方法参加ツール:Zoom

■会議室URL■ 個別にご案内します
※お申込者の方には別途「参加マニュアル」をご案内いたします。
※推奨環境:Google Chrome
定員3~6名
※組織での導入を検討している方を優先的にご案内させていただく場合がございます
※日程のご都合が合わず早めの体験を希望される方はお問い合わせください
参加費無料
留意事項・ご期待に添う体験会であるか事前に電話で確認させていただきます
・電話ヒアリングをもって、参加受付のメールをいたします
・受付メールへの返信対応をしていただいて初めてエントリー完了となります
・ワークショップ中、冒頭はカメラをONにしてください
ご相談・
お問合せ
各種資料
ダウンロード
page
top