行政マンとLINEでサービスを作るGovHack(1/3)

突然ですが、皆さんは最近市役所って利用されましたか?

普通に生活していたら、住民票とか証明書系の書類取りに行ったり、公共施設を利用したりくらいしか接点が無いですよね。

行政では、使えば便利なサービスやユニークな情報があって、発信もされてるのですが、多くの人には届いていません。

このハッカソンでは、スマホユーザーの9割が使っているプラットフォーム、LINEを使い、行政マンと地元のエンジニアリングのコミュニティで新しいコミュニケーションを生み出すサービスを作ることを目的に開催しました。

先日神戸市で第1弾を実施し、このレポートでは第2弾の千葉市の内容を記載しています。

なお、このハッカソンは全国津々浦々で開催されました。

(会場の幕張BASE×LIBRARY)

会場は千葉の海浜幕張駅からバスで5分くらいの開発中の地域に所在する幕張BASE×LIBRARY

(ファシリテーターの伴野智樹さん)

MASHUP AWARDS(日本最大規模のエンジニアの祭典)の伴野さんがファシリテーターとして当日の進行をしました。

実はこのGovHackは、MASHUP AWARDSでもLINEさんが「LINE GovHack賞」という賞を設けていて、ここのハッカソンで作った作品は、そのままシードで準決勝までいけるチャンスがあります。

LINE GovHack賞についてはこちらから

参加予定者がほぼ100%出席。

(LINE社の立花さん)

最初のインプットセミナーではLINE株式会社のテクニカルエバンジェリストの立花翔さんに事例や技術的に何ができるのかという話をしてもらいました。

立花さんは「LINE BOTを作ろう! Messaging APIを使ったチャットボットの基礎と利用例」という本を出されてるんですが、この本を片手に触ってみれば、誰でも簡単にチャットボットが作れるという、素晴らしい本です。

(Microsoft社の大森さん)

また、LINEのサービスは他のサービスと連携して作ると色々拡張できるため、この次のインプットタイムではMicrosoftさんが提供するCognitive Servicesの説明を、エバンジェリストの大森さんにしていただきました。

LINEでラーメンの画像をbotに送ったら、「こってりだねー」と返してくれるような画像認識や、信じらんないくらい簡単にFAQボットが作れるQnA Makerなど、すぐ使えるユニークなサービスを紹介してもらいました。

インプット後も沢山メンタリングしていただきました。

そして、インプットが終わった後はみんなでアイデア出し。

まず参加者全員が自己紹介をします。参加者同士初対面の人ばかりなので、どういう人で、何ができるのかをそれぞれ30秒でPRしてもらいます。行政マンの人は60秒喋ってもらいました。

そしてアイデア出しでは先ほどのインプットセミナーのネタでできることと、他にも自由にアイデアを出したりと、こんな感じで大量にポストイットにアイデアを出していきました。

アイデア出しの次は、一緒にチームを組みたい人を能動的に動いて囲うチーミングを行いました。

みなさんそれぞれのアイデアを持ち寄って、似たアイデアや、他の人が考えた面白いものに乗っかって、仲間を探します。

こんな感じで1日目は終了。

非常に濃密な3時間半となりました。

本番は次の日です。

行政マンとLINEでサービスを作るGovHack(2/3)

お問い合わせ

相談してみたいと思った方、遠慮なくご連絡ください

HackCampに相談してみる