HackCamp

contact
  1. ホーム
  2. 実績
  3. Call for Code Hackathon 2018
Call for Code Hackathon 2018
IBM 様

IBMが立ち上げた、エンジニアによって社会課題を解決するための世界コンテストへ応募するための日本プログラムの実施。

目的

  • Call for Code への日本からの応募総数を増やす

課題

  • 日本におけるCall for Codeの取り組みのアウトプットを、より高いレベルに洗練するための場を設けたい

効果

  • 自然災害に関する事前インプットセミナーから始まり、自然災害というテーマに対する数種類のアイディエーションワークショップを実施。チームビルディングの後、サービス開発を行い、チームで発表をするというオーソドックスな形式のハッカソンを実施。その中で、「Call for Code」応募のための翻訳作業や動画制作等のサポートも行い、ハッカソンの最中に「Call for Code」への応募が完了できる仕組み作りを提供。

時期

2018年10月~11月/2days

参加人数

40名程度

関連するサービス

関連するハッシュタグ

ご相談・お問い合わせはこちら page
top