HackCamp

contact
  1. ホーム
  2. サービス
  3. 共創の内製化
  4. 課題発見力・探究力 養成講座(e-Learning)
課題発見力・探究力 養成講座(e-Learning)

正解のない時代の課題発見は、"問いづくり"から始めよう

不確実性が高いVUCAの時代に必要とされるのは、解決されていない課題を自ら探求して発見できる「課題発見力」を持つ人材です。

本講座は、課題発見の成功のカギである「問いづくり」に着目し、抽象的な理論のみならず、問いを作る実践的な思考プロセスを習得することで、即仕事に活かせる実践的な講座です。

 

★ 問いづくりの効果を実感できる体験会実施中

 

問いづくりが「課題発見」「探究」「自律(自分ごと化)」に高い効果を発揮するということを、1時間で体感できる体験会となっております。
 

▶︎ 詳細・お申し込みはこちら

 

どんなチーム単位・時期・ご予算でも導入しやすい、約2時間のe-Learning形式です

※2022年夏期リリース予定

 

  • ①2時間のe-Learning受講で、問いを作り→自ら課題を発見し→自ら考え行動する、自律型人材に必要な思考を習得可能です。
  • ②理論だけではなく、誰でも再現可能な実践的な問いづくりのプロセスに落とし込まれているので、素養や前提知識などがなくても、誰でも簡単に習得することができます。
  • ③動画は5分前後ずつ区切られているので、隙間時間にマイクロラーニングすることが可能です。また、専用のLINEアプリで問いづくりを反復練習することも!

 

 
 

この講座で学べる内容

 

①課題発見の視点を育てる「問い」の価値
②問いづくりができる人材の価値と、それを発揮する場面
③「良い問い」の基準・種類を知る
④課題発見に使える「自分だけのオリジナルな問い」を生み出す明確なメソッド
⑤個人の「問い」から行動・プロジェクトを組み立てる方法

 
 

講座の構成(抜粋)

※現在の予定であり、変更される可能性もあります

 

1. なぜ自ら課題を設定して解決する「探求力」が重要なのか

  • ・不確実で予測困難な時代に必要なスキルとは?
  • ・探究とは何か?
  • ・どのようにして探究力を身につけるか?

 

2. なぜ「問いづくり」が重要なのか

  • ・問いを考える意義
  • ・「問い」とは何か?
  • ・「問題」と「課題」の定義とは?
  • ・問いづくりで身に付く力① 「課題発見力」
  • ・問いづくりで身に付く力② 「自分ごと化」する力
  • ・問いづくりで身に付く力③ 「メタ認知力」

 

3. 探求を豊かにする問いを作る技術

  • ・ありたい姿を探索する問い
  • ・問題解決に使える問い
  • ・「なぜ」から始める課題探索
  • ・「もしも」から始める仮説づくり
  • ・「どうすれば」から始める問いづくり
  • ・「開いた問い」と「閉じた問い」
  • ・問いの分類とメタ認知
  • ・問いの変換

 

4. 問いづくりの手法「QFT」とは

  • ・QFTとは何か?
  • ・問いづくりのステップ全体像
  • ・問いづくりの例

 

5. 「QFT」による問いづくりのステップを身につける

  • ・問いの焦点を定める
  • ・問いづくりのルール
  • ・問いをたくさん作る
  • ・問いの分類
  • ・問いの変換
  • ・問いの選択
  • ・ネクストアクションを定める

 
 

講座の受講方法

 

◆ 法人の方

  • [ご提供方法①] 弊社提供のe-Learningプラットフォームサービス「WisdomBase」にてご受講いただけます。個人ごとの学習履歴・行動履歴などを追うことができるw-Learning学習管理システムです。
  • [ご提供方法②] 御社のe-Learningプラットフォームに掲載できるよう、動画データを納品いたします。
  • [ご提供方法③] e-Learningと実践的なワークショップ(オンライン・実地ともに可)を組み合わせた、自律型人材育成研修のご提供も可能です。
    自律型人材育成研修について詳しくは こちら をご参照ください。

 

◆ 個人の方

  • Udemyで受講が可能です(2022年夏期リリース予定)

こんな方におすすめ

正解のない不確実な時代に、これまでのように「正解を最短で求める」ようなスキルが通じなくなってきている…

・既成概念・これまでの経験にとらわれがちで、柔軟な発想が苦手
・指示された業務はそつなくこなせるが、「自分ならではの視点」を活かした企画提案などに苦手意識がある
・自分のこれまでの経験が直には活かせない未知の業務、プロジェクトの把握、向き合い方に困っている
・正解がない中での問題解決手法を学びたい

問いづくりから始まる「課題発見・探究力養成講座」では、自ら問いをたて、「何を考えるかから考える」ことができるようになることで、答えのない未知のテーマに対してもすぐに行動に移すことができるようになります

ユーザーの声

  • 質問を考えることが、テーマを深く考えることにつながる点に感銘を受けた
  • 正解のない、新たな取り組みをするとき(新規事業検討・SDGs)、全社テーマ(DX、人事制度)、業務改善などでかなり活用ができる思考法
  • 短時間で漠然としたものが、次のアクションにまで落とし込まれるプロセスがとても画期的
  • 自分が分かっていないということを認めることは怖いが、分かっていないことは何かということを、簡単に、安心して抽出することができた
ご相談・
お問合せ
各種資料
ダウンロード
page
top