HackCamp

contact
  1. ホーム
  2. サービス
  3. 共創の内製化
  4. VUCAに対応できる組織づくりに。バックキャストを活用した目標設定力向上ワークショップ
VUCAに対応できる組織づくりに。バックキャストを活用した目標設定力向上ワークショップ

ありたい未来に向かって、小さく高速にPDCAを回せるチームに生まれ変わる実践的なプログラム

組織のビジョンやパーパスに紐づく戦略や目標をワークショップ形式で策定するプログラムです。オンラインホワイトボードツール(miro)を活用した実施が基本のため、可視化・記録がスムーズでアウトプットの利活用がスムーズです。

また、再現性が高いワークショップ手法を活用しているので、中長期的なプロジェクト伴走や内製化支援を通じて、ひとりひとりが、違う視点と違う力で、お互いを補い合い、お互いを活かしていける組織づくりのご支援をすることも可能です。

 

★ 壁打ち/事例紹介/トライアル実施中

「ありたい姿をチームで目指せる組織づくり」に興味がある方向けに壁打ちやワークショップコンテンツ詳細のご案内、トライアル企画・実施を受付中です。ご希望の方はお手数ですが、お問い合わせフォームに進んでいただき、「お問い合わせ内容」にご希望の旨をご記載の上、問い合わせをお願いいたします。

こんな方におすすめ

不確実性に対処できる目標設定・運用方法について学びながらアウトプット

MBOなど既存の目標管理制度が形骸化している。OKRなどを取り入れてみたもののうまくいかない。

組織のビジョンやパーパスなど「理想的でワクワクする未来」を起点に、チームが理想とする未来の解像度を上げながら、戦略やアクションプランの構築・運用までをカバーできる4つのステップを、貴社の目的や現状に応じて組み合わせながらプログラムをデザインします。VUCA時代における組織運営のあり方から、パフォーマンスを向上するための目標設定のコツについて学びながら、実際にアクションプランや運用方法までアウトプットしていきます。

ありたい未来から逆算で自律的に動けるチーム/組織づくりができる

現場は「予算を達成する」など手段が目的化しがちで目先の業務で手がいっぱい

バックキャスティングと呼ばれる、現状や課題から未来を考えるのではなく、「ありたい姿/あるべき姿」から逆算で“いま”を考える思考法を活用してプログラムを提供します。
また、”ありたい姿”を目指す上で重要となる、重要度が高く緊急度が低い施策をどのように実行するかについて、指標や、お互いを補い合いあえるチーム運営のあり方を見直しながら、アクションプランに落とし込んでいくプログラムになっています。

ユーザーの声

  • ワークショップで出てきたキーワードが社内の共通言語となり、個人の行動と社内のコミュニケーション質が変わりはじめた
ご相談・
お問合せ
各種資料
ダウンロード
page
top