バックキャスティング思考ワークショップ 課題解決

バックキャスティング思考ワークショップとは?

ありたい未来を描き、そこから現在に遡って、戦略や計画を作る方法をワークショップ形式で学習いただきます。
過去の実績や現状の課題から将来を考える思考法をフォーキャスティングと言い、その対義語が「バックキャスティング」です。具体的には演繹的、帰納的アプローチを活用した未来ビジョンの描き方、未来予想をもとにした戦略立案の作り方、アイデア立案、ブラッシュアップの方法などを学びます。

解決できる課題

導入事例

ポイント

ツールキット、テンプレートを活用したワークショップとその体験再現性高く自社内でも実現することが可能。

※合意形成のための視覚会議ファシリテーターキットの提供、ファシリ養成は含まれておりません。別途視覚会議ファシリテーター養成講座をご受講ください。

価格

※受講者数:〜30名(最大)

こんなお悩みをお持ちの担当者様、ご相談ください
  • アイデアソンのやり方がわからない
  • 共創ワークショップの流れを知りたい
  • バックキャスティング思考の具体的な方法を知りたい
お問い合わせ

相談してみたいと思った方、遠慮なくご連絡ください

HackCampに相談してみる